POSレジ

サイトマップ

POSレジによってレジ締め後の集計作業は不要になる

経営効率改善に大きな効果をもたらすのがPOSレジの導入です。POSレジのPOSとはPoint Of Salesの略で日本語では販売時点情報管理と訳されます。POSシステムでは販売データをその時点で収集し集められたデータを元に管理を実践します。POSレジはPOSシステムにおいて情報の収集という大切な役割を担います。
作業そのものは通常の会計作業と同一ですが、POSレジで通された会計データなネットワーク回線を通じて瞬時に集められ統括管理されます。これまでの独立型レジでは会計データは端末ごとに個別に管理されていました。全ての販売データを管理するためには各端末のデータを集めて整理する作業が必要でしたが、POSレジを導入すれば会計した瞬間に販売データが一括で集計されるので個別のデータを寄せ集める作業が不要になります。データ整理の作業負担は軽いものではありません。これまではレジ締め後に売上データをチェックし全てのレジのデータを統合するという面倒で時間のかかる作業が必要でしたが、POSレジを導入すればそのような作業は不要になり労働負担が大幅に軽減されます。働き方改革で時短が叫ばれる中、POSレジの導入により時短勤務は簡単に目標が達成可能です。

更新情報

POSレジによってレジ締め後の集計作業は不要になる

経営効率改善に大きな効果をもたらすのがPOSレジの導入です。POSレジのPOSとはPoint Of Salesの略で日本語では販売時点情報管理と訳されます。POSシステムでは販売データをその時点で収集し集められたデータを元に管理を実践します。POSレジはPOSシステムにおいて情報の収集という大切な役割を担います。作業そのものは通常の会計作業と同一ですが、POSレジで通された会計データ…

POSレジの導入により売上分析は容易に実現できる

マーケティングの基本といえるのが売上分析です。どのような商品を取り扱うにしろ商品がいつどこでどのように売れたのかがわからなければ対策の仕様がありません。正確な売上情報の収集はマーケティングを支える大切な作業であると同時にマーケティングの高価をも左右しかねない重要な仕事です。売上分析を従業員の負担を増やすことなく実現してくれるのがPOSレジの導入です。ネットワークで繋がれたPOSレジを…

POSレジを導入することで理想的な仕入れが実現する

業務効率の改善において最重要課題のひとつが在庫管理です。企業にとって理想的な経営状態とは在庫が一切発生しないような状態です。常に仕入れた商品がすべて売れるのであれば経営におけるロスはゼロになり利益は理想的な状態を達成します。現実的に見ると在庫ゼロを達成するのは非常に困難です。在庫をゼロにしようとすると売上機会を逃しかねず、売上機会の最大化を達成するにはある程度の在庫を受容するしかあり…

POSレジは従業員による不正も防止する

POSレジの効果として代表的なものといえば顧客データの収集を通じたマーケティングへの活用ですが、現場レベルでもPOSレジの導入には大きなメリットがあります。現場にもたらされるPOSレジのメリットとしてあげられるのがレジ担当者の不正に対するセキュリティの向上です。店舗経営を行う上で犯罪や不正による被害への対策は必要不可欠です。防犯対策として警備会社との契約や監視カメラとの設置などはとて…

TOP